le Soleil フラワー通信 名古屋

名古屋市名東区一社2-123 / 052-702-8741

お見舞い用プリザーブドフラワー/名古屋市昭和区

お見舞い プリザーブドフラワーアレン

店頭やお電話でよくご質問されるもののひとつに、
プリザーブドフラワーアレンジはお見舞いに持っていってマナー違反にならないかというのがあります。


お見舞いといえば「お花!」というくらいメジャーな贈り物ですが、
不吉とされる言い伝えやいわれが多く残っています。
①鉢植えのお花... 「根がある」→「根付く」→「退院できない」
②白や青のお花や菊を使用したもの...お供の花っぽい→「死をイメージ」
③赤のお花...「血の色をイメージ」
④香りの強い花...病気の方がさらに気分が悪くなりそう


上記の中で①鉢植えのお花は「根がある」→「根付く」から、
退院できないと連想されてしまうから、ということなのです。
この鉢植えのお花と、陶器などに生けられたフラワーアレンジと混同して勘違いされている方が多くいらっしゃいます。 
お見舞いのお花は切花がベストですが、その中でも「フラワーアレンジメント」で贈るのが基本です。
花瓶が先方で用意されているとわかっている場合は花束でもよいですが、花瓶の用意のない方が多いです。
それに、入院されているご本人やご家族が花を生けるのは大変なことです。


では「プリザーブドフラワー」はどうでしょうか。
マナー的には「フラワーアレンジ」と同様と考えられています。
さらにプリザーブドフラワーゆえに水やりの必要がないですし、お花が枯れずに花粉も飛ばないので管理がしやすく、
贈られた側からしても「フラワーアレンジ」よりメリットがあるように思われます。
また最近病院では、衛生面から枕元に生花の花を置くことを禁じているところもあります。
プリザーブドフラワーのアレンジメントなら、お水を必要としませんので、枕元に飾っていただくことも出来ますね。




前振りが長くなりましたが、本日ご紹介するプリザーブドフラワーアレンジは、
お怪我をされてリハビリで入院されている20代の女性あてお見舞いに持っていかれるプリザーブドフラワーアレンジです。
頑張って仕事に復帰できるよう心をこめて作成いたしました。
ガラスの花器に白い砂を入れて、ピンクのイングリッシュローズなどを使用しました。

参考価格:12,600円

ホームページ http://www.le-soleil.co.jp/home.html
プリザーブドフラワーのページ http://www.le-soleil.co.jp/fleursenconserve.html
メール mail@le-soleil.co.jp
〒465-0093 名古屋市名東区一社2−123  電話 052−702−8741
11:00〜19:00 木曜休み