le Soleil フラワー通信 名古屋

名古屋市名東区一社2-123 / 052-702-8741

ラベンダーオイル

ついでにエッセンシャルオイルの中で、王道中の王道『ラベンダーオイル』について、説明していきます。



【ラベンダーとは】
[ 科名 ] シソ科
[ 学名 ] Lavandula Officcinalis
[ 英名 ] Lavender
[ 精油を抽出する部分 ] 花の先端部分と葉
[ 主要成分 ] 酢酸リナリル、リナロール






甘く、どことなく心が安らぐような香りのラベンダー。
ラベンダーはアロマテラピーのなかで最もよく使われています。


古代ギリシアから薬用植物として知られ、ラベンダーの語源はラテン語で「洗う」という意味の「ラワーレ」という言葉です。
ローマ時代に沐浴などにラベンダーのハーブが利用されていたことがその由来だと考えられています。
ちなみに洗濯室を意味する「ランドリー」も同じ言葉から来ていると言われています。
エリザベス朝のイギリスでも、ラベンダーは香水としてたいへん人気がありました。沐浴をしたり、ラベンダーの小枝を焚いて流行病をふせいでいたそうです。


【ラベンダーオイルの特徴】
■ラベンダーのエッセンシャルオイルは、数あるエッセンシャルオイルの中で最も頻繁に使われるエッセンシャルオイルです。
はじめてアロマテラピーを体験するなら、まずラベンダーを使ってみてください。
心地よい穏やかなフローラルの香りは、緊張やストレス、不安感を和らげ、気分をゆったりと鎮静させてくれます。

■安眠を助ける香りとしても大変優れており、就寝前のアロマバスでの使用は特におすすめです。浴槽に3〜5滴程度落として良くかき混ぜた後、ゆっくりとお湯につかってください。ラベンダーの優しい香りが心身ともに緊張を解きほぐして、深い眠りに入る準備をさせてくれます。

■少量をこめかみや手の甲につけると、手軽に緊張を抑えてリラックスすることができます。

■一般的にエッセンシャルオイルは原液のまま肌につけてはいけませんが、例外的にラベンダーとティートゥリーのみ直接肌につけて使うことができます。(ただし必ずパッチテストを行ってください)

■ラベンダーオイルの香りにより心の面では
★神経の緊張、不安をやわらげる効果があります。
★安眠作用があります。枕に一滴つけて寝ます。
★心配事、イライラ事があってなかなか眠れないという人にはおすすめです。

■体の面ではこんな効果があります。
★頭痛、特に鋭い痛みに効果があります。こめかみに直接つけます。
★殺菌力が強く、鎮痛作用もありますので、風邪に効き、予防にもなります。
★虫刺され(蚊、蜂、ブヨなど)の毒を中和してくれます。患部に直接つけます。
★火傷。患部に直接塗ると、驚くほど効果があります。
★切り傷や手あれ。患部に直接塗って殺菌効果により傷口を守ってくれます。
★生理痛のときラベンダーオイルとホホバオイルのブレンドを下腹部と仙骨部に塗ると軽くなります。

■美容の面ではこんな効果があります。
★ニキビ、吹き出物、ブツブツなどのトラブル肌の場合。高い殺菌力が効果的です。
★細胞の成長を刺激し、肌を若返らせる効果が期待できます。
ラベンダーオイルとホホバオイルのブレンドを顔や体に塗るだけです。


【まとめ】
■香りを楽しむ場合はラベンダーオイル単体で香りを楽しみます。
■顔や体につけるときはラベンダーオイル単体でもOKですが、より体の中に浸透させるために、キャリアオイルであるホホバオイルとブレンドすると、より効果的です。